英語耳を手に入れる学習ステップの効果と狙い

さて、具体的な実践編の説明が終わりましたので、結果は 7 日後に見るという事で、次は、この学習の効果について書かせていただきますね。

この英語学習の効果とは?

語学学校や数々の英語参考書でどうして満足感が得られなかったのか?そして、どうしたら満足感が得られるのか?がはっきり分かります。死んでいた参考書が生きた参考書に生まれ変わります。

満足感と言うのは、自分が何かを成し遂げた時に、結果がはっきりと分かる時に味わえるものだと思います。

では、英語ではっきりと何かを成し遂げた時の満足感が得られるのか?と言うと、毎日の授業ではなかなか分かりにくいと思います。

例えば、そういった結果は、TOEIC などのテストの点数で体感すると言う方もいるかもしれません。ですが、TOEIC のテストを毎日受けて、毎日点数があがる、と言うようなことはありませんよね。

そのため、英会話学校に行っていても、英語参考書で学習をしていても、自分の成長が数値やはっきりとした何かの形に残せないので、今までの英語学習では満足感は得られなかったのだと思います。

しかし、私のマニュアルの場合は違います。最初、全く分からなかったネイティブの英語表現が、7 日間と言う期間が決まっている中で、具体的にいくつ覚えられたのか?数値で出てきます。

更に、「私は英語が苦手です」と言う人に限って、自分が何が苦手なのか?何に対して英語が苦手なのか?具体的に分かっていない人が多いのですが、私のこの方法ですと、あなたの声で英語が録音されるので、どの英語の発音が自分は悪いのか?具体的に理解することが出来、部分的に直すことも出来ます。

例えば、英語の発音だけではなくても、構文などでここが分からなかったけれど、ここが分かるようになった、と具体的に症状を自分が見ることが出来、直していけるのです。

これは、例えるならば、今までの英語学習だと、総合病院に行って、どこの症状が悪いか分からず、発音が悪いだの文法が良くないだの言われて、内科に回されて、効きもしない薬をもらっていたのに、このマニュアルを知ることで、あなたがあなた自身の英語のお医者さんになって、本当に悪い所を、確実に治療が出来るようになっているのです。

あなたの声を録音する、と言うのは、そういう意図もあったんですね。

初日に録音していますから、もっとうまく録音できたのに、とかたくさん思うこともあると思います。それを次回に生かすことが出来ることによって、英語の発音やイントネーションもうまく改善されていく、と言うのもこの学習の狙いなワケです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ