たった5分で差がでる英語学習の習慣とは?

今日からでも 5 分で出来る。やるとやらないとでは、雲泥の差がつく英語学習の習慣とは?

これをするだけで、私は日本に帰ってきてからも英語力が全く落ちていません。その簡単だけど、大切な習慣とは?

その習慣は教えるです。「教える」と言う事を毎日欠かさず行っているからです。

実は、「教える」と言うのは、「分かりやすく伝える」と言い換えても良いかもしれません。また、「教える」のは、特定の人に教えるのではなくても、不特定の人に教えるだけで構わないのです。

それは、私の場合はインターネットを使ってブログ(ウェブ上の日記)を使ってネイティブが実際に使っている英語表現をお伝えしているんです。

実は、私は、毎日のように 4 つのブログを 2 回更新しています。全て生のネイティブ英語表現についてのブログになります。

映画などで学んだ生きた英語表現を解説を少し加えながら説明してお伝えしているのです。

これだけで、生きた英語表現がなかなか忘れにくくなっているんですね。更に、今回のトレーニングを行っていれば、英語の実力が下がることはほとんどないと思います。

英語学習をしたその日の最後に、自分が気づいたことを一分書く、この習慣が記憶力を変える、と言っても過言ではありません。

あなたが word にまとめた英語表現は、おそらく多くの人が知らない・使ったことがない英語表現です。自分よりも英語を知らない人に当てた手紙を書くように、英語表現を説明して書いて見ましょう。

私は、常に映画などを見ると、生きた英語表現を抜き出しています。
この習慣も結構大事ですので、もし慣れてきたら、行ってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ