50を超えた母親が難しいカタカナの言葉を覚えられる理由は?英語に応用してみよう

ポリフェノールやメタボリックなどのなかなか覚えられない何の関連性もないようなカタカナ語を 50 を超えた母親が簡単に覚えて、なかなか忘れないその気づきから感じた、人間の記憶と言葉の関連性とは?

これはテレビが何度も何度も繰り返し番組を行っている反復による効果と、母親などの世代に非常に敏感な話題で使われているためです。

テレビで放映されることによって、よく使われて、かつ生活に密着している用語のように感じるんですね。

そのために、こういった言葉を簡単に覚えられてしまいます。英語もまた同じです。あなたが実際に使えると思ったものなら、難しい単語が入った英文でも覚えられるでしょう。

ですが、注意が必要なのは、英単語を覚えただけでは、話そうとする英語の実力は身に付きません。なぜなら、英単語だけで、コミュニケーションを取るには限界がありますし、相手に言いたいことがなかなか伝わらないからです。

やはり、英語は、英単語ではなく、英文で覚えるべきだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ