英語耳を手に入れたら今度英語の参考書を利用しよう

 さて、今度は、あなたが眠らせていた参考書を使う番です。

あなたが、日常生活で言いたいと思っていてもなかなか声に出せなかった事を、もう既に持っている参考書などを見ながら音に出しながら覚えてください。
この時も、CDがあれば、CDの音に合わせて、大きな声で、CDの音に完全に合うくらいまで繰り返し発音してください。

英語を音から入った事によって、今度は、死んでいた知識が生きた知識に変わる時が来たんです。

英語を最速で身につけるには、自分が言いたい事が言えるようになること、そして、会話を最速で身につけるには、相手が言っている事をきちんと聞けるようになること。こういった基本的なことが必要なんです。

そして、これは、基礎編(基本)⇒応用編(発展)と実践をしていく過程で、あなたにとって少しずつ、できるようになっていくと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ