語学学校での授業内容は?カナダの語学学校での体験談

海外の英会話学校では週に5日も何をしているのか?そして、どのくらいのペースで授業は進み、どのくらいの割合で英語が話せるようになっているのか?6ヶ月語学学校に滞在して独自に調べた内容を公開します。

まず、私の語学学校では10段階のレベルがあり、1コマ90分の授業のうち、6レベルまではそのレベル毎に決められた教科書を使って、1日4コマ行っていました。

例えば、1コマ目がスピーキング重視、2コマ目がリスニング重視、3コマ目がライティング重視、4コマ目がリーディング重視のような形です。

そして、レベルにもよりますが、大体1日テキストの1レッスンで覚えて欲しいようなところをまばらに学びます。全ては行いません。

大体、日本で行ってきた文法を英語で再度復習するような授業です。例えば、英語で過去形、過去完了形などを英語で勉強するようなものです。

また、レベル7からはASS(Advanced Speaking Skills) や ALS(Advanced Listening Skills)と言って、もっと上級の英語を話す特別クラスやリスニング特別クラス、子供に英語を教えること専門のクラス、大人に英語を教えられるようになるクラス、TOEICやTOEFLテストを受けるための専門のクラス、ケンブリッジ大学に入るための特別コースなどを選べました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ