音と一緒に英語を学ぼう

 聞くことは音から始まります。ですが、話す時も、元々は誰かが言っていた音を元に話しているので、話すことも音が大事になるのです。

また、読む事も、実は音から始まっています。日本語でも、小さい頃、ひらがなの練習を読んで、音に出すことをしていませんでしたか?そして、本に書かれている文章を朗読していませんでしたか?

 読む時も、実は、音に出して読み、それが習慣づけられて、無意識に読めるようになってくると、音に出さずに読めるようになってきたんですね。ある人は、もしかしたら、口に出さないけれども、頭の中で音に出して読んでいる人もいるでしょう。

また、書くことも音から始まっています。最初は口に出して書いていたはずです。ひらがな、漢字。音に合わせて書いていませんでしたか?

このように、英語を習得するプロセスには、音を出す事が欠かせないのです。
文字を書きながらでも、読みながらでも、音と一緒に学ぶ、ということ。このことを気に留めておいてください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ