覚えてもすぐ忘れてしまう人へ!一度記憶したら忘れずに覚えられる方法

覚えても、すぐに忘れてしまう、など思っている方に是非チャレンジして欲しい、時間管理の勉強をしたことで気づいた非常に大事で、かつ有効な秘訣とは?

これは、気づいたことをどんどん行っていくことです。映画や生のネイティブとの会話の中で学んだ表現を、具体的な状況とともに、気づいたノートに書いていってください。

例えば、アダム・サンドラーが『50回目のファーストキス』のシーンの中で、好きな女性、ドリュー・バリモアに、話すきっかけを掴むために話した言葉。『It’s a picture of a father and son fishing off a boat. I think you look like a person who appreciates fine arts. I wanted your opinion.』このように。生の英語表現で、自分で言いたいなぁと思うものを気づいたノートにまず書く。
そして、その後、自分で発音する、また一日の最後にノートかブログなどに書いてみる。

コツは何度でも言うこと。私はこれのおかげでほとんどの英語表現を一度記憶したら忘れずに覚えています。具体例をたくさん書きましょう。

最初は、1文単位で構いません。

慣れてくると、このように長文で覚えることが出来るようになってきます。

長文で書けるようになってくると、もう既に、ネイティブのように論理的に英語が話せるような段階に入ってきます。 このように長文が書けて、それが言えるようになることをまずは目標にしてみて下さい。論理的思考力が養われます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ