日本で英語を話すネイティブの友達を作る具体的な方法

 英語力があがってきたら、英語を当然話したくなります。また、英語をこの数ヶ月、1年と学んできた中で、どうしても分からなかった言葉や表現、いいたい表現などが溜まっているかもしれません。そんな時に、英語がネイティブの外国人の友人を作れたら、そんな悩みもすべて解決しますよね。

日本にいながら外国人の友達を作るには、2つの方法しかありません。外国人と知り合うかもしくは英会話学校の先生と友達になるか?です。どちらも友好的な手段です。ココでは両方の例を書いておきましょう。

まずは知り合う例。

こちらのサイトにアクセスしてください。
TOKYO INTERNATIONAL FRIENDSHIP OFFICIAL PARTY
http://www.goover.co.jp/party/japanese.htm

ここは、渋谷(東京)でPUREと言うクラブ会場があり、1ヶ月に1度、外国人が大勢集まります。大体毎回150名以上は集まっており、外国人と日本人の比率も、外国人が圧倒的に多いです。

誰でも参加が自由なので、是非一度足を運んでみて下さい。

1度参加した時は、飛び入りの人が多く、そういった人に話を掛けると楽しかったです。但し、私が行った時は男性が多く、日本人の女性をナンパしようとしていた男性も目立ちました。ですが、ナンパを目的とした男性だけではない事は確かです。

参加している人は様々。留学生から、こちらにインターンをしに来ている学生、社会人、などなど。

メーリングリストにも登録が出来ますので、メーリングリストに登録をしておくと、パーティの日付が分かります。こういった場所に顔を出して、友達を作るのも良いのではないでしょうか?

また、私の場合は、この場所と少し違う所で友達を増やしています。その方法も今回、公開させていただきます。

私は、毎週のように外国人の友人が出来ます。

実は、T.G.I.Fと言うアメリカンダイニングのレストランに毎週行くからです。
T.G.I.F のホームページはこちらです。(外国人の集まるレストランであれば、応用が聞くと思います。T.G.I.Fが近くにない人もこの話を参照してください。)
(T.G.I.Fは元々、アメリカにあるダイニングレストランです。)

日本にあるT.G.I.Fは、外国人に人気のレストランになっています。店の客層は、日中は日本の方がほとんどですが、夜になると、どこからともなく外国の人が集まってきます。この場所で、私は毎週のように友人を作っているのです。
人脈なしでも誰にでも出来る方法なので、是非、実践してみてください。

T.G.I.Fには、普通のテーブル席に加え、バーの席があります。友達を作りたい時は、必ず、バーの席に座ってください。これがポイントです。そのバー席に座っていると、どこからともなく、外国人が集まってきます。

特にオススメはT.G.I.F.横浜店です。(また、T.G.I.F.横須賀店は、海軍の方がいるので、友達を作りやすいと思います。)そして、友達や恋人と二人で行くと良いでしょう。

あなたが二人で楽しそうに会話をしていたり、横に目をやったり、面白そうなお酒を頼んだりしていると、隣に座っている人が話をしてきます。

時には、話をしないけれど、目が合ったりする時があります。この時、黙って無視をせず、笑顔で、「Hi!」と気軽に声を掛けてください。
そして、ドリンクを飲んでいる時は、「This is … , so delicious.」と簡単に一言相手に向かって、感想などを言ってみてください。これはいえる時の雰囲気があると思います。

すると、興味がある人は「Uh, it seems delicious. What are you drinking? I wanna try that, too.」のように聞いてくることもしばしばあります。また、そうでなくても、次に目が合ったときにまた一言かけることで、相手は次第にあなたとの間に親近感を覚えてきます。

簡単な言葉、「Hi!」でも「Hello」でも何でも良いんです。それが、外国人との間にある隙間を埋める言葉になります。

ターゲットとしては、明るそうなカップルが良いです。また、あなたが話を掛けやすい人であるのが好ましいでしょう。

外国の人でもシャイな人もいますし、日本語が分からない人が多いので、こちらから積極的に話を掛けるのも大切です。

一言くらいずつで良いのです。

「Hi. Oh, you wear a nice outfit.」
「Oh, you’ve got a nice one.」

何でも良い。そこで、相手が話を掛けてきてくれたら、早い。例えば、「Oh, your English is pretty good.」(あなたの英語はとてもうまいね。)と声を掛けてきたらしめたものです。「Oh, really? Thank you. 」と返すと、「Where did you learn English?」と英語をどこで学んだの?と聞いてくるでしょう。
こうやって、英語の表現を続けていくんです。

仲がよくなると、次のお店に行きませんか?と誘われる時もあります。その時は、終電に気をつけて、行けるかどうかは自分で判断してください。もしくは、「I have to go home today. Maybe can I see you next week?」来週会えますか?のように聞くと良いでしょう。

うまく行けば、来週も会えて、その時、違う友達を紹介してくれることもあります。そして、そういった友達の中には、日本語を学びたい人もいるので、語学交換が出来たら、最高ですよね。是非、友達になって、英語を話せる環境を作ってください。人によりますが、語学交換よりも、一緒に遊んでその中で単語を教えてもらうのも良いでしょう。

更に、このT.G.I.Fでは、サービスを行っています。平日の午後7時前に行くと、ハッピーアワーと言って、お酒が半額になる時間帯があります。(この時間帯が狙い目です。多くの外国人は半額のお酒を求めにやってきます。)

これは午後5時から7時まで、平日行われています。(お店によって違う場合があります。その際は、事前に電話をしてご確認下さい。)

実は、私が話をしていた外国の人はほとんどが、日本人の友達が欲しいと言っていました。それに、英語を話せる日本人のボーイフレンドやガールフレンドが欲しいと言っていました。

それでは、ここからは某英会話学校の教師が話した秘密です。

私の友人は、大手英会話学校に先生として勤め、10年以上日本で既に教えています。彼は日本人の女性と結婚しました。

私は彼とどこで出会ったかと言うと、勿論、T.G.I.Fです。

しかし、このテキストをご覧頂いている中には、T.G.I.Fが周りに無い方もいると思います。ですので、彼が語った秘密について、ヒントを得て頂きたいと思います。

彼が10年間、大手英会話学校で教えてきて分かった事は、“日本の大手英会話学校は真面目に英語を教える先生を希望している”
当然のように聞こえますが、実はこういった現状があります。

これまで述べてきたように、日本の多くの方は、記憶を用いる英語の勉強をしてきているので、なかなか英語が話せません。

そこで、英会話学校に通うのですが、英会話学校に行ったとしても、話す内容は、ごく簡単なものばかり。つまり、日本語で言えば、あいうえおを教えて、その後に、りんご、くるまなどの単語を教え、「今日は楽しかった。」「気分は幸せです。」など、小学校で学ぶ内容を学校で教えなくてはいけないと言う事です。

教室では、子供に教える内容を大人に教えて、英会話学校からは、出来るだけ盛り上げて、楽しい雰囲気を作れと言われている、と彼は言っていました。

真面目に教える先生を必要としている、と英会話学校側が希望しているのは、こうした環境に真面目に働いて、不平・不満をもたらさない先生が必要であると言うことらしいのです。

そこで、英会話学校が取る策は、私の友人のように、10年も続けられたような、英語を日本で教えるのが好きな先生と、20歳~24歳くらいまでの、大学生や大学を出たての若い先生を希望すると言うことなのです。

実際に私がカナダに留学をしていて、日本語を教えていた時、多くの友人が、日本の英会話学校に教えに行くということで、日本語を学んでいました。多くは、大学生から大学を出たての人でした。

彼らに共通するのは、
・海外に初めて長期滞在すること。
・日本についてあまり知らないこと。
・そして、日本に友達がいないこと。

私がカナダに居る時に、日本に行く今の気持ちはどうですか?と聞いていたときがあります。すると、日本に英語を教えに行く先生希望者の友人達の多くは、「日本は未知の国だから、楽しみ。わくわくする。でも、日本について何も知らないし、日本人の友達もいないから不安。」と答えていました。

皆さんが英語力をつけて、積極的に友達になれば、きっと英語力が上達する以上にたくさんの貴重な思い出が出来ると思います。

日本に来ている英会話学校の先生の多くは、若い先生が多い。その多くは友人を欲しがっています。それが明るみに出たのが、先日の船上パーティでした。 40名ほどの外国人は、ほとんどが英会話学校の先生でした。

私が話し掛けたほとんどの先生は、日本語が話せず、日本人の友達がいませんでした。

そこで、彼らが仕切りに言っていたのが、日本の友達が欲しいけど、日本語が話せず、日本の人も英語が話せないから、友達になりにくい、と言う事。これは、英語の基礎力を身につけた方にとっては、願ってもないチャンスだと思います。もしかしたら、語学交換として、日本語を教える代わりに英語を学んでも良いかもしれません。

それでは、英会話学校の先生にどのように出会うのか?

私の場合は、T.G.I.F.を利用していますが、もしそういったレストランがない場合、外国人の方が居そうなところを狙います。

私は、T.G.I.Fを知らなかった時は、地域の県民センターや市民センターで教えている英語の先生に会いに行きました。これなら全都道府県にありますよね。
すると、その先生の友達が英会話教室で教えていたのです。

このように、一人の知人を作ることで他の人を紹介してもらったり、パーティに誘ったりしてもらう事で、日本でも必ず素敵なあなたの友人に出会う事が出来ると思います。是非、試してみてください。芋ずる式を活用するのです。

また、英語を話したいコミュニティやサークルをインターネットで探してみましょう。そのコミュニティに外国人がいなくても、もしかしたらそのコミュニティにいる人が外国人と友達であるかもしれません。可能性は全て探るもの勝ちです。

地域によって独自の情報があると思います。まずは、それを調べてみて、そういったコミュニティに参加するのも良いと思います。また、そういったコミュニティに入ると、英語を話す環境が作れますので、自分の英語力を測定する事が出来ます。そして、また刺激が掛かって英語学習に磨きがかかるでしょう。

私は留学していたときがありますが、友達が居なかった時はどこかさびしい思いをいつもしていました。しかし、現地の友達を作り始めてから、本当に楽しくなったんです。おそらく、日本に来ている外国の方も同じような思いをしている人が多いと思います。

必要なのは、アプローチしてみること。これが、英語力を伸ばす秘訣にもなります。この商品を購入した時に思い切ったように、思い切った行動を取った時は必ずあなたの人生が開けます。

全国各地、必ず友達を探している外国人はいます。芋づる式に素敵な友人が出来ると言うのも珍しい事ではないので、是非、試してみましょう。

また、短期間だけ、英会話学校に友達を作りに行くのでも良いかもしれません。もちろん、先生と友達になるんですよ。中には、ホームパーティをしたりする、とても仲が良い英会話学校もあったりします。地域の英会話学校を調べてみてください。個人で行っている英会話教室などは結構穴場だったりします。

また、海外旅行先で出会った人とチャットをしたりするのも良いですよね。
旅先では、飛行機で隣合わせになった人などとも友達になる事もあります。英語はもう既に、皆さんは話せます。今からは、羞恥心を少し直すのと、正しい学習法で、眠っている知識を使える知識にするだけなのです。

それと、日本でも観光地にはたくさんの外国人旅行客がいます。その中には道に迷っている人も少なくないのです。地図を見ながら一生懸命電話をかけども電話がつながらないで困っている人も多いです。それに、そういう人は、欧米系の顔をしておらず、アジア系の顔をしている時もあります。

アジアの言葉は話せない?そうではないですよね。英語は世界各国の公用語。
私は先日、東京駅の近くで台湾に電話がかけられない台湾人グループの人たちのお手伝いをしました。

何事もあなたから。あなたがチャンスを掴んでください。

ネイティブの友達、作ったらぜひ、私に教えてくださいね。

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ