文字ではなく音から学ぶトレーニングが必要

  さて、帰国子女とMalindaに共通する学習法は何だったのでしょうか?

それは、身につけるまでの期間が短いと言うことではなく、何よりも、音から英語を学んでいると言うことです。必ず、英語の音から学んでいるんです。ここが今まで私達がとってきた学習法との大きな違いです。私達は今まで、文字から英語を無意識に理解していたと思います。しかし、大事なのは、文字ではなく、音なんです。これが、翻訳したいのか?話したいか?の差になります。

そして、もう1つあります。彼らは参考書を使っていません。英会話学校には通っていません。では、何を使っているのか?それは、身体の五感を使って英語を体得しているのです。

まず、英語が全く分からない時でも、音を聞くために、耳を敏感にさせていました。その次に、口を使って英語を発声するわけです。この際、必ず周りに、発音や言い方を注意してくれる人がいます。つまり、英語の発音や言い方を訂正されても、素直に自分で直す力を持っています。

また、自発的に、自分から意見を発したり、物事を言ったり、積極的に人の真似をすると言う傾向も見られました。

集約すると、こうした基礎力がつくトレーニングを日本で出来れば、英語は日本で身につけることが出来るのです。

一番大事なのは、英語を音のまま理解すること。文字から理解しようとせず、聞こえてくる英語の音で何を言っているのか、少しずつ理解しようとする癖をつけること。これを覚えておいて下さい。英語のほとんどを文字で、目で学習してきた私達には、耳で、音で理解できるように180度変えないといけない特殊なトレーニングが必要なのです。

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ