英語の先生が言っていたと思うけど反復練習はやっぱり大切

人間は、反復したことを覚えていますよね?何度も何度も繰り返し行ったものは、習慣として、無意識に覚えてしまうことが出来ます。

例えば、「泥酔している人が、昨日どうやって帰ってきたのか分からないのに、自分の家で寝ている」なんて話はよくあります(笑)

これは、無意識に体が覚えているんですよね。

私たちが普段、毎日の生活で何気なくしていることの生活習慣のほとんどが、こうした反復作業を経過して、無意識に出来るまでに身についています。

歯磨きにしても、服を脱ぐこと、着ること、顔を洗うこと、自転車に乗ること、今の仕事などにしても、全て、反復練習の賜物なわけです。

ちなみに、携帯電話でメールを打つこともそうですよね。

今や私の祖母まで携帯電話を自由に使いこなしています(笑)数年前は考えられなかったことです。 最初はぎこちなく始まったものが、両親のしつけ、もしくは自分自身の努力で何度も繰り返し行うことによってうまくなっていったものなんですね。

そういった反復練習をしたからこそ、今や、無意識にこなすことが出来るようになっているのです。

実は、英語もまたそうです。こちらは多くの英語参考書に書かれていることだと思いますが、反復練習をすることが大切、と言うのは私も同じ意見です。
(それに、英語は、他の学問と違って、体育のようなものだ、と言われることにも賛成です。)

しかし、私のマニュアルでは、「英語を実際に話す」となれば、感動したり、なぁるほど、と気づいた英語表現を覚えたり、注意されて恥ずかしい思いをしたりした英語表現を覚えて、それを反復する方が更に効率的に覚えられる、という事を付け加えたいのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ