英語耳を手に入れる学習ステップ 3日目~6日目

3 日目~6 日目の作業は至って簡単です。

まず、朝起きた時に、昨日作った音声ファイルを 1 回聞いて下さい。その後、空き時間を見つけて、3 回は聞いてください。そして、夜眠る前に 1 回聞きます。

つまり、1 日最低 5 回は聞いてください。

4 日目あたりから、耳が慣れ始めて、録音した音に合わせて、言える表現が増えてくると思いますので、言える表現はどんどん発言するようにしてください。

聞く回数は 5 回~10 回が理想です。(ウォークマンがあると、外に行ったときや暇つぶしなどで聞くことが出来るために、ウォークマンがあると良いですね。)
言える表現と同時に言えない表現も大体分かってくると思います。

言える表現といえない表現を意識して、言えるものはどんどん積極的に声に出してください。周りに人がいる場合は、口パクで良いので言って見て下さい。

一通り聞いた後、言えない英語表現はどういう文字列か Excel を見直して頂いて構いませんので、チェックをしてみてください。日中、Excel のファイルがなく、チェックが出来ない場合があると思いますが、その場合は、夜にチェックしましょう。

5日目。今回も朝から音声を聞き始めて頂いて、発声もして頂くのですが、この時、言えない表現と言える表現を意識してください。また、聞いていていまいち覚えていない英文も気にしておいて下さい。

そして、再度聞きながら、Excel と答え合わせをしてみてください。

すると、5 日目の最後の夜に聞くまでには、ほとんどの英語表現が言えるようになっていると思います。

次はいよいよ 6 日目ですね。

作業は同じです。7日目のテストに備えて、言える表現をどんどん声に出して言いましょう。

また、言えない英語表現をチェックするのも忘れずに。

最後に 7 日目、これはテストです。

ぶっつけ本番で、どれだけ覚えたか?テストをしてみてください。15 分くらいの時間を取って、自分で、Sheet 2 に作った、あなたの日本語訳に対して、覚えた英語の文をどんどん書き入れてください。 私の場合は、90 問のうち 88 問正解で、2 問間違えました。

音を聞き流して、自分で発声していた効果が確認できると思います。

このように書いていって下さい。

結果はどうでしたか?どのくらい正解していたでしょうか?

この習慣をどんどん続けていくと、もっともっと英語を話すことに興味を持つし、実力も上がっていくと思います。是非、続けていってください。

覚えた英語表現は、実際にネイティブが使う英語表現ですし、発音が良ければ、ほぼ 100%通じますから。
あなたの英語力に大きなプラスになることを願っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ