多くの英語学習者が抜け出すことができない英語学習の罠とは?

日常生活では、必ずと言って良いほど皆が気をつけるのに、英語となると、ほとんど全ての人が陥ってしまう英語学習の罠とは?

それは、英語を話せるようになるためには、「英語を話す」と言う学習が不可欠なのにも関わらず、多くの英語参考書などの情報から、「英語は最初に発音から学ぶべし」とか、「英語は最初に聞けるようにならなくてはいけない」と言うような文章を見て、これだけ勉強しているのに、英語は話せるようになりません、と思ってしまうことです。

話せるようになるには、話す、と言う行為が必要なのに、自分のニーズに合うように学習をしていないのです。 それはいわば、東京から大阪に行きたい、と思っている人が、タクシーに乗
って熱海などでゆっくり休んでいて、大阪に俺はいけない、と思っているようなものです。

方法が違うようになってしまうと、目的地には辿り着けないし、もしくは、辿り付く事は出来ますが、あまりに時間がかかってしまって、途中で諦める事が多いんですね。

日常生活では、あなたは「求めている結果」に対して「お金を支払う」と言う行為を行っていると思います。

ですが、英語になると、「求めている結果」が得られないのに、よく吟味もせずに、「お金を支払う」と言うことをしてしまっている人がいます。

英語を話せるようになりたいなら、まずは○○をしろ、ではありません。英語を話せるようになりたいなら、英語を話す、と言う行為をする、と言うのが大事なんです。

そして、自分でどの症状を治したいのか?具体的に分かり、具体的な方法をそこから探して、対価に対してお金を支払うのが大事なんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ