モチベーションを上げるのに効果的な方法は? 自分の英語力を測定する

 目標設定が決まったら、まず、私がお伝えする英語学習の方法を実践する前に、自分の英語力を測定してみましょう。

測定すると言うのは、何もテストを受けるのではなく、あなたが好きな映画や英語のテレビ番組を字幕なしで見てみることです。

これは非常に大事なセクションになります。

ダイエットをしたい人がまずする事は、体重計に乗ることですよね。数字を出して、「2週間で、○○キロまで落とす」、と目標と期限を設定します。すると、日にちと数字が目安となり、食べ過ぎたりしたら、自分を律することが出来たりと、調整が出来ます。また、最初はこんなに重かったのに、今はこれだけ軽くなったというように目標を達成した時に、喜びがありますよね。

あなたの英語力も、このようにして測定する事で、改善する事に対してモチベーションがあがりますし、また、自分で聞きとりの力が上がっていると自覚したら、どんどん学習したくなると思います。

ここでのポイントは、日常英会話が使われている映画やテレビ番組を字幕なしに見て欲しいと言うことです。自分が聞きとりたい英語、イギリス英語かアメリカ英語か?どちらかを選んでください。そして、それを見た後で、日付と具体的な感想を書いて下さい。

どのくらい字幕を見なくても分かったか?どこが全くついていけなかったか?英語はなかなか数値化するのが難しいかもしれませんが、10%程度しか分からなかったなどと書いておくのも良いでしょう。出来るだけ具体的に書く事で、1ヵ月後、2ヵ月後、と英語がどれくらい理解できるようになったかの目安が分かります。

これは、1ヶ月おき、もしくは3カ月おきくらいに行ってみて下さい。同一の映画もしくは海外ドラマの1エピソードを使うのがポイントです。

私の場合は、海外ドラマ『フレンズ』の1つのエピソードから行いましたが、最初全く分からなかった英語が、3ヶ月、6ヶ月と後に述べる学習をしていき、3ヵ月後、6ヵ月後の区切りに同じエピソードを見るたびに次第にどんどん聞きとれるようになっていき、非常に嬉しくなったのを覚えています。

このようにすることで、最初の自分の位置をしっかりと受け止めて、そして、学習するたびに自分の英語力が伸びていくことが自分の過去と比べる事で分かるんです。

この作業、自分の実力を客観的に測定し、自分の英語の成長に自信を持つことは、非常に大事なことです。
多くの方が、英語の学習をしている時に、自分の実力が上がったかどうかが分からない、と嘆きます。確かに、わかりにくいですよね。

例えば、自分の子供と一緒に生活していると、毎日どこが変わったのか分かりません。でも、1年会っていなかった人が、その子供を見て、「身長がとても大きくなったわね」とびっくりして言います。

実は、その子は、1年で10cmも伸びていたのです。でも、近くに居る人間は、毎日その子と接しているので、大きくなったと言う感覚がないんですね。

測定されるものは改善される。この子の身長を去年と今とで測定する事で、1年経ってどれくらい伸びたかが、近くにいる人でも客観的に分かります。

これは、あなたの英語力についても同じことが言えます。

毎日ただ学習しているだけでは、自分の英語力が伸びているのかどうか分からない、だから、あなたの英語力をあなた自身で客観的に測定しておく。すると、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年後に自分のリスニング力がどれくらい変わってきているのかが分かります^^

非常にお薦めの方法です。これをしている人は、ほとんどいないと思います。
モチベーションを上げるのにも非常に有効なので使ってみて下さい。

また、英語を話す力についてもこれは同じです。どのくらい話せるのか学習を始める前、最初の時点での自分の英語力を書いておきます。このくらいの英語しか話せない。具体的に書く事で、実際に、こうした英語が話せるようになりたいと具体的な目標に書く事が出来るようになると思います。

そして、学習開始後、どのくらい話せるようになったか、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後、とノートに書き込んでみる。すると、1年前、6ヶ月前、3ヶ月前、1ヶ月前の自分の英語力が分かります。そして成長が分かることで、自分の英語学習に対しての成果が分かり、モチベーションの向上にもつながります。

ポイント
自分が学習するための得たい結果(目標)を具体的に決める。
得たい結果(目標)に対する期限を決める。

目標達成までの道のりはこのようになる。
目標が出来る⇒実践する⇒目標が達成出来ないので、達成するための方法を学び行い方を振り返る⇒効果のある方法を実践して目標を達成する⇒別の目標が出来る。

目標は定期的に見直す。

達成することが出来たものには、必ずご褒美をあげる。

学習前の自分の英語力(聞き取りと話す力)を測定する。

この時、自分がどれくらい聞きとれるか話せるかを後から振り返る自分が読んで分かり易く書いておくのがコツ。

測定されるものは改善される。

自分の英語力を1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後と測定する。
自分の英語力を客観的に判断することにより学習に対するモチベーションが上がる。

得たい結果(目標)を定期的に見直し、出来ていた場合、がんばった場合は、自分にご褒美をあげる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ